バターについてヒルデガルトは

パンは、バターを塗って食べますか?それともマーガリン、ジャムですか?

ヒルデガルトが生きていた時代には、マーガリンは存在していませんでしたがバターはあったようで、「フィジカ」にはバターについての記述があります。

バターは羊やヤギの乳で作るバターよりも牛乳で作るバターの方が健康によいと。そして咳をする人や体が乾燥している人はバターを食べるようにと。

でも健康な人や太ってもなく痩せてもいない人にとっては、バターを食べるのは健康によいけれど、やはりというか体にたっぷりと脂肪を抱えている人は、さらに脂肪が増えないよう、バターを食べるのは控えめしなさいとのことです。

ところで、羊やヤギのバターって聞いたことがありませんでした。ヒルデガルトが書いているのだろうから、きっとバター作っていたんでしょう、ヤギや羊の乳で。

今でもあるのでしょうか?ドイツを訪れたなら、どんな味のするバターなのか味見してみたいです。

これはヒルデガルトのお料理ではありませんが、ヤギのチーズのサラダです。ヒルデガルトは、ヤギは肉もミルクもよいと勧めています。ヤギの肉は、春と夏に食べるとよいのだそうです。とはいっても日本でヤギの肉食べられるところあるのでしょうか?

0コメント

  • 1000 / 1000

聖ヒルデガルト料理研究会

ようこそ、St. Hildegard Küche Study Group(聖ヒルデガルト料理研究会)のウェブサイトへ!すでにFacebookでは、同名のページを開設しヒルデガルト・フォン・ビンゲンについて、食の教えを中心に情報を発信しております。 こちらのウェブサイトでは、ヒルデガルトが勧める食材やスパイス、ヒルデガルト料理やお料理のレシピなどなど、色々ご紹介していきたいと思います。