ワイル博士が語るフェンネルの効能

ヒルデガルトが100%健康に役立つと述べている食べ物の一つフェンネルの効能について、ワイル博士が自身のサイトで色々と語っています。

セロリやディルなどと同じセリ科の植物のフェンネルは、古代ギリシア、ローマ時代から栽培され、薬用植物そして食べ物として利用されているそうで、現在ではイタリア料理、フランス料理、そして地中海料理には欠かせない食材であるとのこと。


栄養面では、フェンネルは抗酸化作用があるとされる、フラボノイド類のケルセチンやルチンなどの成分を含めて、その成分構成が特徴的なものがあるそうです。ルチンって、ソバにも含まれていますね。


また、昔から母乳の出をよくする、出産を容易にするや月経不順など、女性の健康に役立つレメディとして使用されてきたようです。

食材としては、フェンネルの茎が生のまま、ソテーで、シチューやスープで食べられ、葉はディルやパセリの葉と同じように使われているとのこと。


博士自身もフェンネルがお好きなようで、乾燥させたフェンネルの葉を粉末にしたものを、ヨーグルト、豆腐や蒸した野菜に振りかけて食べたり、茎の部分を冷蔵庫でキンキンに冷やして薄くスライスしたものをサラダで食べたりされるそうです。ヨーグルトにフェンネル? 豆腐にフェンネル?ってチョッと、いやまったく思いつかない食材の組み合わせ!

日本ではまだなかなかフェンネルが売られているところ少ないですが、もし手に入ったらワイル博士のお勧めのフェンネルの食べ方を試してみたいと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000

聖ヒルデガルト料理研究会

ようこそ、St. Hildegard Küche Study Group(聖ヒルデガルト料理研究会)のウェブサイトへ!すでにFacebookでは、同名のページを開設しヒルデガルト・フォン・ビンゲンについて、食の教えを中心に情報を発信しております。 こちらのウェブサイトでは、ヒルデガルトが勧める食材やスパイス、ヒルデガルト料理やお料理のレシピなどなど、色々ご紹介していきたいと思います。