ヒルデガルトのお食事会のお料理です

先週の土曜日のヒルデガルトのお食事会で頂いたお料理です。

今回は、スープ、メインの付け合わせとデザートの全てにスペルト小麦が使われた、スペルトづくしのメニューでした。

コンソメスープ スペルト小麦の香草パンケーキ入り Flädlesuppe (German crepe soup with spelt)。

このスープフレードレズッペは、コンソメスープにクレープのようなドイツ風の薄いパンケーキを細く切り加えた南ドイツのスープです。これは、パンケーキをスペルト小麦で作りスープに加えた、ヒルデガルト風フレードレズッペになっています。

チキンのハンバーグ ヤギ風味のクリームチーズ入り Geflügelfrikadelle Eierstrich mit Kräuter soße (Chicken hamburger steak & Egg custard with herb sauce ) 

ヤギのチーズとクリームチーズ入りのハンバーグが表面はサクサク、中はしっとりでとても美味しかったでした。付け合わせのロワイヤルは、ひし形に切ってコンソメスープの具に使われるものですが、今回はこれにスペルト小麦の実を加えて、バジル、ミントなどのハーブソースと一緒に頂きました。茶碗蒸しのようなロワイヤルにスペルト小麦のプリプリとした食感にミントとバジルのきいたソースと、今まで味わったことのないものでした。

カイザーシュマーレン Keisershmalen mit Dinkel (Austrian pancake with spelt)

レーズン入りのスペルト小麦のカイザーシュマーレンです。小麦粉よりも食感がモチモチしていました。これにブルーベリーソースをかけて頂きました。ブルーベル―ソースは、今回のお食事会にご参加くださった方のご実家から送られてきたブルーベリーでシェフが作ってくださったものでした。

見た目よりもボリュームがあり頂いた直後は満腹の状態でしたが、ヒルデガルトがスペルト小麦はとても消化がいいと述べているだけあって、いくら満腹であっても胃がもたれることがありません。

お料理を作ってくださったツム・アインホルンの野田シェフからは、お料理を作っている時のお写真も頂いたので、後日そちらもご紹介していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000

聖ヒルデガルト料理研究会

ようこそ、St. Hildegard Küche Study Group(聖ヒルデガルト料理研究会)のウェブサイトへ!すでにFacebookでは、同名のページを開設しヒルデガルト・フォン・ビンゲンについて、食の教えを中心に情報を発信しております。 こちらのウェブサイトでは、ヒルデガルトが勧める食材やスパイス、ヒルデガルト料理やお料理のレシピなどなど、色々ご紹介していきたいと思います。