ヒルデガルトのレメディ、イヌホウズキ

もうすぐお盆休みですね。お盆の時に仏壇にほおずきを飾る風習がありますね。子供の頃、庭にほおずきが生えており、このほおずきの実の中身を慎重にきれいに取り除いた実を口で鳴らすという遊びを、祖母に教えてもらった記憶があります。上手くは鳴らせなかったですが。

そんなほおずきの仲間にイヌホオズキというものがあるそうです。つい最近知りました。というのも「フィジカ」にイヌホオズキについての記述があるのです。

ヒルデガルトはイヌホオズキについて、心臓に痛みがあったり、心臓が丈夫でない時に、イヌホオズキが役立つと述べています。他にも歯、あごや脚に痛みがあるときに、これを使うとよくなると。

見かけは日本のほおずきとはまったく違いますが、「ほおずき」という名前からチョッと思い出しました。

0コメント

  • 1000 / 1000

聖ヒルデガルト料理研究会

ようこそ、St. Hildegard Küche Study Group(聖ヒルデガルト料理研究会)のウェブサイトへ!すでにFacebookでは、同名のページを開設しヒルデガルト・フォン・ビンゲンについて、食の教えを中心に情報を発信しております。 こちらのウェブサイトでは、ヒルデガルトが勧める食材やスパイス、ヒルデガルト料理やお料理のレシピなどなど、色々ご紹介していきたいと思います。