ヒルデガルトの日@ベルリンの後は

今回のドイツ旅行での2つの大きな目的は、ベルリンでヒルデガルトのイベントに参加することと、「聖ヒルデガルトの治療学」の著者シュトレーロフ博士のヒルデガルト治療学に基づいたコンサルテーションを受けることでした。シュトレーロフ博士のオフィスには、事前にコンタクトしていたのですがなかなかお返事をもらうことができず、半分諦めかけていた時に伝えておいた希望日にいらしてくださいとの連絡をもらい、とても期待に胸膨らませて博士の治療院に伺いました。


でコンサルテーションはどうだったのかを色々書きたいのですが、来年の「アロマトピア」誌に記事を書かせていただく予定になっているので、済みません!ここでは書かないことにいたします。ご興味ございましたら是非そちらをご覧になってください。

ただ博士からは私の健康状態は良好であり、この健康を維持するためにいくつかのヒルデガルトのレメディを摂るよう指示されました。帰国後そのレメディを飲み始めているところで、今後体の調子がどう変化していくのか観察していきたいと思っています。

予定の時間を大幅に超えた長~いコンサルテーション後に、シュトレーロフ博士とアシスタントの方と一緒に記念写真。

日本で7年前から、六本木のドイツ料理レストラン ツム・アインホルンの野田シェフにヒルデガルト料理を作っていただいてヒルデガルトのお食事会を年に数回開いていることを博士にお話しし、その野田シェフが昨年出版したヒルデガルトの料理本をお見せしたら、熱心に本をご覧になり、この本がきっかけで日本でもヒルデガルトが広く知られるようになったことをとても喜んでいらっしゃいました。

コンサルテーションを終えた後にコンスタンツに移動し、夕食は博士がプロデュ―スするヒルデガルト料理を食べることのできるレストランで、スペルト小麦のパスタとフェンネルティーを頂きました。

パスタを美味しくいただいて、ホテルに戻りました。

0コメント

  • 1000 / 1000

聖ヒルデガルト料理研究会

ようこそ、St. Hildegard Küche Study Group(聖ヒルデガルト料理研究会)のウェブサイトへ!すでにFacebookでは、同名のページを開設しヒルデガルト・フォン・ビンゲンについて、食の教えを中心に情報を発信しております。 こちらのウェブサイトでは、ヒルデガルトが勧める食材やスパイス、ヒルデガルト料理やお料理のレシピなどなど、色々ご紹介していきたいと思います。